|辞書TOP | 管理 | 新着順 | 検索 | HOME|

【 ま 】 2


【 マールブルグ菌 】 まーるぶるぐきん
(Marburg Disease=マールブルグ病)
#529[山さんの危険な賭け]に登場する病原菌。発見されてから15年(放映時)たっても予防法も治療法も不明で、感染すると死亡率24%というおそろしい伝染病をもたらす。実在する菌であり、現在でも特に効果の認められる治療法は見つかっていない模様。

作品中では、東亜医科大学の研究所から盗んだこの菌をゴキブリに付着させ、東京中にばらまくという無差別殺人の脅迫の道具として登場する。内閣広報室につきつけられた東京都民二十万人(当時)の命の代価は、1000万ドル。

★関連:1000万ドル
by 管理人
No.26
PASS    

【 勾玉 】 まがたま
ジプシーが首から下げているアクセサリー。登場編ほかで身につけているのが確認できる。

三省堂提供「大辞林 第二版」によると、『古代の装身具の一。瑪瑙(めのう)・水晶・滑石製が多く、C の字形やコの字形の一端に孔(あな)をあけて緒を通し、垂れ飾りとした。日本、朝鮮の古墳時代に好んで用いられた。もとは、動物の牙に孔をあけて身につけたものという。』とのこと。

ジプシーのものは、チェーンはシルバー、勾玉自体の色は黒、材質は黒曜石。ちなみにこのアクセサリーは、演じた三田村邦彦氏がジプシーをイメージして、ブレスレットと共に自ら用意したものとのこと。当時レプリカ?が三田村氏のファンサークルで販売されていた。
by aoi
No.31
PASS